フォト
無料ブログはココログ

賢治参考図書

  • Img_0215
    21年は一市は花巻村です。

« 入沢康夫さんの仕事 | トップページ | かっぱさわ »

2006-05-03

Aさんに逢う

 昨日、数年ぶりにAさんを訪ねた。受付で

  私 「A先生 いらっしゃいますか」  「はい いらっしゃいますよ」 そして すぐ なかからのそうさか、中が外からよくみえるドアが開いた。

  Aさん 「や なんだーー しばらく 」  私 「連絡をしてからくると 忙しいからと断られそうだったので  ダイジョウブ いそがしいでしょう 」  Aさん 「二三十分待てる 時間あるの こっちーー  」  私 「 うん いや ホールでいいよ 」  Aさんエレベーターで消えた   二十分くらいで Aさん 「やあ~やあ~ お待たせ ここでいいの」   

  私 「特別用事が有った訳じゃないが  どうしていらっしゃるかと  U先生どうしています 」   Aさん 「 うん 元気だろ~ 此処のところ ぜんぜん逢っていない 週一回向こうの病院で まだ働かせられているみたい 。 こっちも定年とっくに過ぎて  でも引っ張り出されているよ あさ八時半までに入らないといけないんだ 倅のところから通っていたころは六時半出だった 今は近くに住んでいるよ   」    私 「E先生 年賀状くらいは有ります?それから。。。 」   Aさん 「M 君  秋田で頑張っているみたい Kは山形か ここは連絡センターかなあー  もうこっちもらくしたいよ 歩かないせいで足が駄目になってきたよ  うん Eさん どうしているかな~ 」 。 UさんとEさんが、高台の神社と植物園の坂を上りきった少し先の、戦災にも遭わなかった古い家の二階の一間を借りていた。月のうちに一二度くらいしか帰らなかったので、わたくしはそこに厄介になっていた。UさんとEさんは研究と夜の仕事でほとんと帰らなかったのである。Eさんは精神科が専門だったが、内科や小児科でも働いていらしていた。定年前は国立のそっちこっちの所長をしていた。だいぶお世話になった時代だった。

  Aさん 「なにか  」     私 「いや ここではりっぱなニュウスをだしているんですね ホームページも 」     Aさん 「ううう  今は便利になったね 薬なんかを調べるのに つい最近まではあの厚い重たいのを引っ張り出して いまは楽になった。でなにか」PCの話になった 

  私 「このニュウースのホームペイジに こんなのを送ったが なしのなしのつぶてだったよ 」  Aさん 「もう 俺は定年で一度此処を離れているから 発言権は無いんだよ でも 云って置くよ はハハ 」  所長奮闘記(7)に 聞き手ー機関紙委員会担当理事 として Aさんの「真面目な取り組みを理解し、快く応じてもらえる世情であった」との記事と、A先生の顔写真と一緒に乗っていた。

   Aさん 「名刺をとってくるよ  」そしてわたくしに 「めいしは?」   私 「今度作っておきます 」   でも本当は、そんなものはわたくしには必要ないと思っています。  

  Aさん小さな声で 「ここの患者は 複合的な病が多いので 若い先生でも大変だよ 四六時中 気が抜けん仕事ですよ 」 。 そして事務所から 迎えにこられた 「先生 済みません」と わたくしは三十分くらいは居たのかも。

  此処の施設は新しく出来たばかりのようだ。結構大きい施設ほうでしょう。二十四時間緊急の用事が多いとAさんは話されて去られた。わたくしはお別れをしてきた。この場所は「沢」ではないが、両側とも高台である。

  帰りにもう1軒拠った。Aさんより年配者 よくお邪魔をするお家である。一人で生活をしているのですが、自分のマンション1Fで仕事をしてい方です。マンションの掃除や午後からの食事は、大変良いおばさんが、お手伝いをして下さっている。別に所帯をお持ちの娘さんが二人、時どき来られる。A先生よりは、心身ともにこちらの方が良い。

  「新茶が入った。煎れるからあがっててよ。メシ食べていけよ。なにがいい」。普段でも此処のお茶は高いのを買っているのだろう。本当に美味しい。何時もだがご馳走になって帰ってきた。雨もあがった。

  帰りに、高速バスの乗り場は、連休の人々のためでしょう。ごったがえしていた。

 今日は五月晴れだ。

   

  

« 入沢康夫さんの仕事 | トップページ | かっぱさわ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175783/9879603

この記事へのトラックバック一覧です: Aさんに逢う:

« 入沢康夫さんの仕事 | トップページ | かっぱさわ »