フォト
無料ブログはココログ

賢治参考図書

  • Img_0215
    21年は一市は花巻村です。

« ヤジュルって? | トップページ | Aさんに逢う »

2006-05-02

入沢康夫さんの仕事

今日の夕刊の文化欄に、「人事を中心に森羅万象をかきとめるかのような詩人」の日記についての記事が載っていた。「編集に携わった入沢康夫さんは{豪放磊落な大詩人というイメージが強かったが、日記を通して別の姿も見えてきた}」と。「晩年になるほど、生活と詩作と日記とが三位一体の様相を呈してくる」とも。日記作者は「下手でも上手でもいい。ポエヂーの洪水にアップアップ押しながされるとき。おぼれるようなとき。右手でも。左手でもいい。言葉をつかんでもちあげよ」(80年11月)。また 日記の作者は入沢さんのある「詩」を読まれて、「よく分からないが面白い」と云われたとのこと。入沢氏は、「詩は理解するものではなく感応するものだ」と言う。わたくしも大賛成である。入沢さんのいままでの詩作といい、ネルヴァルや宮沢賢治の全集の緻密な編集などの成果にくわえて、今回の日記の編集「全七巻」は、またまた大きなお仕事がさらなるに加えられたものだ。

« ヤジュルって? | トップページ | Aさんに逢う »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175783/9872173

この記事へのトラックバック一覧です: 入沢康夫さんの仕事:

« ヤジュルって? | トップページ | Aさんに逢う »