フォト
無料ブログはココログ

賢治参考図書

  • Img_0215
    21年は一市は花巻村です。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006-09-20

大乗の教え

 私は祖母からのDNAをも含めて受けたであろう幾多のことがらがあった。

手を合わせることの教えとどうじに、洗礼を受けた宗教とは、いったいどんな宗教だったのであろうか。その事に付いての答えの前に、次のように考えさせられている。

 老い先のない今日になって、この私に所謂宗教の定義の問題は、大変困難な問題です。この事はさて置き、宗教を文化現象、社会現象として客観的に捉えてゆくのではなく、宗教を主体的に捉えての、かつ宗教一般に通じるような宗教の定義を規定することは可能なんでしょうかと言う事です。私は、そのことを試みるほど宗教一般には程遠い門外漢です。ただここで私の考えられることは、おそらく宗教には、少なくとも自己の安心、生死の透脱、自己という存在そのものの解決、といったことを目ざす宗教には、あるいは従来の自己に死に、一「転」して、新たな生命を恵まれた自己を生きる、という事理があるのではないかということです。

 禅者はしばしばキリスト教の信仰を、パウロの言「我もはや生くるにあらず、キリスト我にありて生くるなり」を珍重するとあります。私はそこに信仰の確信、宗教の本質を見出すのであると考えるものです。そのように、何らか、「転」の契機を不可欠とするのが、宗教と考えられるのではないでしょうか。大乗仏教の教えに、「従来の自我に死に切って、無我を証し、そこにおいて新たに自利 ・利他の主体として蘇るところに、宗教的「転」が有ると言うとのことです。『自我→無我→自利・利他の主体」という自己の「転=開」に、大乗の真義がある』という。そして 「大乗仏教というものは、様々な教説が用意されているけれども、畢竟、『自我→無我→自利・利他の主体』という展開に尽きると言い切ってしまってよいとかんが」えられるというのです。

 浄土教のように、他力を旨とするとしても、そこで救いにあずかるということは、ただそのままの自我が浄土の存在にまで拡充されるというのみでは、宗教的に末だしであるとのことです。むしろ他力に照被されることにおいて、今・此処の場に自我を頼む情識が解消し、同時に自利・利他の主体に翻身する、あるいは少なくともそのことを自分の生命と了解するのでなければ、大乗仏教として徹底しているとはいえないとのことです。(秘事念仏)を思考しつつ次回に続く

2006-09-15

羅須地人協会と「桜」

 賢治の羅須地人協会時代の「桜」の集落は、「向小路」(賢治の作品に同心町と書かれている所)も「松原」も今のように桜には含まれて居なかった。稗貫郡花巻町大字下根子字桜で、向小路も松原も外台も「字」地である。

 「桜」は、大半は農民であった。大正時代になって宮澤家と「玉川屋」(照井)がこの桜に別荘を作った。「玉川屋」の別荘は、庭園にはひょうたん池があり立派な太鼓橋が架けられていた。その池には掘りぬき井戸で絶えず水が出ていて、当時としては珍しい緋鯉等も買われていた。周りには染井吉野が植えられて、春の桜は見事であった。ここも宮澤家の別荘と同じ高台で、北上川岸から望むと誰にでも直ぐに確認できるところであった。この玉川屋の別荘は、北上川から豊沢川に上った「兵舎」への上り口の「お水ちゃん」と呼ばれていた滝清水神社から、宮澤家の別荘までの中間崖上で、北上山地を望む絶好の場所でもあった。胡四王山や早池峰山が何時も見え、また朝日を拝める場所であった。

 宮澤家の別荘のある場所は、『八景』と呼ばれていた「桜」内の小地区の所で、この『八景』の場所は宮澤家別荘の北側の松林(今の賢治碑の北側は赤松の大きな林で、下芝は綺麗に整備されていた所であった)の「かっぱ沢」に流れている小川を境にした南側小台地から、宮澤家の別荘の崖にそった旧国道内側の処である。戸数は六軒ほどであった。

 『賢治と「かくし念仏」』を語るときは、当時の桜を知ることが大事であろうと考える。

2006-09-13

暗さの恐怖

 前回の「旱と自然法爾」の引用著書は、山下正男著「植物と哲学」からであった。

幼児体験と直接経験について考えるとき、見ていても見えていない、全然見てないんでもないが、現に見ている。見ていて、同時に見ていないという一面もある。それを考えた時に以下に教えられた。それに付いて西谷啓治は次のように話している。「不見と言う」と。「不見ということを見えずと言い、見ずと言う。だからほんとうに目を開くと言うか、目を開かせるということがあって、それが教えですね。仏教だと仏の教え、とくにお釈迦さんの教えということですから、やっぱりそれも仏法ということになりますけれどね。まあ、そういう教えを通して、見えるようになると。つまり仏教でいえば煩悩ということだけども、これは貪るとかね、怒りとか、それから痴というのは、これは無知ですね。まあ大まかに言って知情意という全体にわたって、そういう目が開いていない。無明ということですね。明るくない、光がないということですから。と同時にどこか閉じていて開けていないという。そういう感じのこと。心が開けていないということですね。そうすると見ていて見えない。」

 原体験から「見えてくるもの」を基底にしてこそが、内面の旅路の足跡になるのだろう。経験からの得るもの。しかし経験主義を排しつつも何かが標される。「農」と「念仏者」を考えつつこの項を閉じる。

旱と自然法爾

八月五日に、ある所で「雨ニモマケズ」について話すきかいがあった。昨年ころまで良く「ひでり」について話題になっていたので、その事にも少し触れた。

私は子供のころに、羅須地人協会の「雨ニモマケズ」の詩碑のある近所で育ったせいか、何かがあると思い出される詩である。

二三十年前のことであった。見た本のなかにとても気になった本があり、やっとみっかったので少々長いが引用をさせて頂き、出来ればお付き合いをお願いしたい。

 [ 『説法詞料鈔』 という本がある。これは江戸期享保年間に、ある浄土真宗の僧侶が、説教の便に供さんがための材料を集めたものであって、そこに仏教の教義を説くための有益な譬喩がたくさん収められている。その一つに「田畑植物の喩」というのがある。それを紹介してみるとこうである。

  「譬えば田畑(でんぱた)の植物(うえもの)は、旱(ひでり)には枯れ、雨降ればそだつ なり。これは人力(じんりょく)によりて植えたるゆえなり。路辺に生いたる春草は、土より自然(じねん)に生じて人力によらず。かかるがゆえに大地のうるおいのゆえに旱にも枯るることなし」

  これは当時のひとびとなら、誰でも熟知していて疑うことのできないことがらを、譬えとして利用したものである。しかしこの譬えはなんの喩えであろうか。それは、いうまでもなく浄土真宗の根本的教義である他力の信行の譬えである。つまり譬喩にみられる「人力によりて植える」は「自力によって善根を植える」ことの譬えであり、「自然に生じて、人力によらず」は、「他力の信行・自然(じねん)の大行」の譬喩である。

  かつての日本の水田耕作の農民はだれしも旱害に苦しみ、しかもその際稲は枯れかけているにもかかわらず、野生の草木はなお青々と茂っているのに驚嘆するという経験をもったことであろう。そして日本の農民たちは、そうした原体験を踏まえたうえで、他力行の教え、自然法爾の教えを自らの血肉に化したのである。」]  つづく

  

  

2006-09-12

変動期時代と幸福

 ある意味で幸福である時代とは、唯一の価値のもとに、一定の思想体系が組織されて、しかもその思想が社会をほぼ一様に覆っていた時代、そういうふうに考えられる時期のことであると思う。しかし社会はそれ自体、成長し、円熟していきます。そしてやがて衰退してゆく、何と言うかつまり移行して行く生き物でしょう。私の半世紀に渉る昭和史とそして新しい世紀初めに身をおいた内面の旅路も、幼少期に得たものが、観念的弁証法も、革命えのユートピアもニーチェおも凌駕していたのだ。人は自らの内面にアートマンを見だしたときに輪廻の鎖が断たれるという。変動期やある意味での転換期に、変動の収拾も、価値体系の定着も成し得なかった。次のきかいは何かを克服しようとし、生ける証に挑戦したかを考えてみたい。私の幼児体験は、仏教は常にニヒリズムに抗して闘ってきたのであるということに、どのように向いあえるのでしょう。

2006-09-11

訂正

訂正 このブログの五月十一日に記した「かっぱさわ」の記事に一部誤りがありますので、以下訂正をして誤ります。「土橋から落ちて帰らぬ人となった」は「橋から落ちてけがをされた」に訂正をして、陳謝します。

「宮澤賢治学会事務局だより」第十二号(1992.8.28.発行)に賢治・作品散歩 その12に

[ 「春と修羅 第三集」所収の「饗宴」と、それにまつわるお話です。]の記事があった。

<宮川記>となっているエピローグに、[ 「弥助橋」はどこかと桜町一帯を尋ね歩きましたが見つかりません。探しあぐねて、昔から地区にお住まいの豊川益太郎河南公民館長さんにお願いしてしらべていただきました。] とある。

私が[「饗宴」の舞台 ] を「賢治研究42」(1987,1) に、橋の所在と「熊」さんの家も図で示してあった。

「賢治研究」は、研究者には余り読まれていないのか、残念だ。

「弥助橋」名は賢治の作品(著書も含めて)には無いことに付いては前にあるブログ記事を見られたい。

「秘事念仏」「隠し念仏」、まあどちらでも良いのだが、羅須地人協会時代について考えた場合、「熊」「隈」は誰にでもお解かりになるように記されなければならないのかも知れない。

2006-09-08

「秘事念仏」

[ 春と修羅 第三集] の{1056 [ 秘事念仏の大元締が] 1927,5,7、}のこの作品は、何処の場所で作者賢治が詠んだ作品であるかを観てみよう。

作品最後の二行は、「下流のやぶからぽろっと出る/ 紅毛まがひの郵便屋」とある。このことから考えてみる。前から三行目に「北上ぎし」と記されているから、「下ノ畑ニ居リマス」の外台について観た場合、外台は住居人が居ない「字」地で、話題になった所である。此処には「郵便屋」は来ない。外台には対岸への渡し舟場が有ったが、局からは朝日橋を通ったほうが便利であるし、対岸の更木は和賀郡で局外であった。

「イギリス海岸」は「北上ぎし」で、小舟渡を通り、そこから出られるところである。郵便配達夫が「ぽろっと出る」とすると、小舟渡近辺であろう。それ以外に考えられない。次の「秘事念仏」者との関連からをも考えてみたい。

高橋梵仙著[ 「かくし念仏考」 第一 ] の「第四十二図」「邪義碑」は、「イギリス海岸」に行く通り道に異様な感じに建っていた。(現在は道路拡張工事のときに小舟渡八幡宮内に移設されてある) また 同著書の338頁に「宮澤賢治の親友佐藤昌一郎氏が、作者から直接聞いたこととして語るところによれば、小舟渡で「秘事法門」を行なっている仮名の大師匠を詩題にしたものであるという。或は元真斎とは花巻ヂツコ佐藤勘蔵を指し、「その妻」とはタマを意味するもの」かと記されている。次に「羅須地人協会」地、桜の人々を取り上げたい。

羅須地人協会 近所の人々

去る九月二日に、「宮澤賢治研究会」の読書会があり、会の後半は{1056 [ 秘事念仏の大元締が] 1927,5,7}で、この作品に記されている「秘事念仏の大元締」なる人物は誰なのかが話された。

以前から、研究者からの様々なとり上げられかたをされている、興味のある人物で、この作品は、文語詩「[秘事念仏の大師匠] [二]」 として記されているものである。おなじ文語詩に、[ 憎むべき「隈」弁当を食ふ] を改作したものとして、「[秘事念仏の大師匠] [ 一] 」がある。この二作品の「秘事念仏」者なる「大元締」は、いったい誰かと云う事で、様々に詮索されてきたのである。

文語詩では「[ 秘事念仏の大師匠] [ 二] と [ 一] が同じ題名の為に、文語詩に改作される前の作品中の人物が、[ 一] と [二] の作品人物が同一人物とみなされて仕舞いがちであった。「憎むべき[ 隈 ]」が、羅須地人協会の桜の近所の「隠し念仏」者で、「なにやかやと賢治を揶揄した人物」だと言うのである。

2006-09-07

手を合わせる事

 朝、仏壇の前で手を合わせる事を、祖母から教わった。

教わったのではなく、祖母が何時もそうしていたからだったのかもしれない。

  私の「仏」(神)との出会いはこうして始まったのかと想う。

 先祖を敬うとか、何かに感謝をする心では無かったと想う。

 五歳ころの事だったと想うが、仏「神」を指示し、

証言するものであると言う不可欠の導師に、

祖母に連れられて行かれたことを覚えている。

 祖母は「篤信の人」であった。子供の私は、其のころ岩手の一部で盛んであった

浄土真宗の秘事法門「隠し念仏」の洗礼を受けることになった。

後で知った事だが、生後間もなく「オモトズケ」が有ったと言う。そして

今回の「オトリアゲ」の儀式、つまり洗礼を受けたと言うことだった。

何無阿弥陀仏 何無阿弥陀仏の連呼が、その人を救うと言う。以後身体に「仏」を

宿し、生きたままで「仏」となるというのである。

 正しい神認識を欠くとき、人生も文化も頽落するのかもしれない。

「隠し念仏」がもはや無意味だと言っているのではない。

念仏は仏を指示し、証言するものであるが、しかしそれは神認識のための

唯一絶対の根拠ではないと云うことだ。

 幼児期に受けた強烈な心的原事実とも言える「仏 我が身体に宿す」

との出会いは、私にどのような意味を持ったのであろう。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »