フォト
無料ブログはココログ

賢治参考図書

  • Img_0215
    21年は一市は花巻村です。

« 認定証 | トップページ | 増水 »

2006-10-28

忠一さん

「春と修羅 第三集」で最も多く出場する人物は、「地人協会」の隣に住む伊藤忠一である。

 『738 はるかな作業 1926,9,10』に、作者が畑で「組合倉庫の地固め」のための、{ドンズキ突き}収穫歌合唱をイメージ的(?)に聞くのだが、「晩にはそこから忠一が/つかれて憤って帰ってくる」。ここにはじめて忠一が出場するのである。

 以下「第三集」の中をみてみよう。「甲助」として(1012)・[牧歌]・[もう二三べん]や、「忠作」としては(1017)だったり、「封介」としても(1046)・(730ノ2)・([白菜はもう])と、名まえが変わっているが、忠一は作中に最も多く取り上げられている人物である。まだ抜けているかもしれないのだが、これだけ多く取りあげられているのには、単なる隣人だけであっただけではなく、教え子であり、真摯に農業に励んでいる「地人協会員」青年であるからであったろう。清さんや克己さんそのほかの隣人人々が作中に出ずに。

 つぎに、賢治から忠一宛の書簡についてであるが、「殆んどあそこでははじめからおしまいまで病気(こころもからだも)みたいなもの」については、良くとり上げられるが、私は次のことも大事なことだと考える。「宗教のことはお説の通りの立場は大きなものでせう。けれどもそのほかにもいろいろの立場はあるかもしれません。」 

 「お説の通り」とあるのは、忠一が何かを賢治に自分の考えを延べ、それへの教導を求めたものであろう。「宗教のことは」とあるから、忠一のばあいここでは「念仏」宗教のことであったであろう。賢治は「けれどもそのほかにもいろいろの立場はあるかもしれません。」と、そして「法華経の本は」と説明してくれているのである。

 賢治は、「秘事法門」「隠し念仏」についてある意味で客観的にみていると私は思える。次回からはその事にも記していきたい。

« 認定証 | トップページ | 増水 »

羅須地人協会周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175783/12467214

この記事へのトラックバック一覧です: 忠一さん:

« 認定証 | トップページ | 増水 »