フォト
無料ブログはココログ

賢治参考図書

  • Img_0215
    21年は一市は花巻村です。

« 凍った桑の畑の中でおきた事 | トップページ | 「下ノ畑」追記 »

2006-11-25

下ノ畑再説

 「下ノ畑」の記事に、ある方からご質問がありました。御礼とお答えを申し上げます。

 「収穫した作物をどのように処分したのでしょうか。『レアカー』では到底運びきれない量でしょう」と記しました。

 これに対しまして、「きゃべつでも、花でも『りやかー』でなら運べるでしょう」とのご指摘がありました。これについてお答えします。

 _001 ご存知でしょうが、『雨ニモマケズ』の詩碑のあります「羅須地人協会」南側の道は、一部砂利道と粘土質の坂道で、荷物を積んで運ぶには、キャベツや白菜でしたら、一人では少しの荷物でも上るのに大変な坂道でした。しかも相当な量を、上町の「大正屋」まで運ぶとなりますと、結構な時間が掛かります。

「大正屋」は、花も野菜も売買していました。キャベツを何処かの家にあげたという事は聞きませんし、仮に1反歩(一町歩も有ると言う人も居るのですから)で作られた野菜は、「大正屋」さんにでもお持ちする以外は、考えがつきません。

 どちらにしましても、なかなかの「難問」ですね。わたしは、キャベツも白菜も大根などのような重量のある野菜は、そんなに多くは作っていなかったと考えています。

 あるいは[ 盗まれた白菜の根へ ] に詠われている「日本思想 禰榮主義」者の嘲弄者と、作者の背景などを垣間見るひとつの材料になるのではないでしょうか。

 写真は「日本地理体系」改造社昭和五年十一月発行からのもので、鐘突き堂下から写されたものでしょう。下の長屋や賢治の通った「西洋館」がみえますが、ここの所だけは、昭和二十五年まではそのままでした。豊沢町は戦災で消失しました。西洋館の豊沢町側に「大正屋」さんが有った。豊沢町の突き当たりの感じの所です。

« 凍った桑の畑の中でおきた事 | トップページ | 「下ノ畑」追記 »

羅須地人協会周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175783/12815676

この記事へのトラックバック一覧です: 下ノ畑再説:

« 凍った桑の畑の中でおきた事 | トップページ | 「下ノ畑」追記 »