フォト
無料ブログはココログ

賢治参考図書

  • Img_0215
    21年は一市は花巻村です。

« 下ノ畑再説 | トップページ | 「バナナン大将」 »

2006-12-04

「下ノ畑」追記

 『 「春と修羅」第三集 』に、「1043 [ 市場帰り ] 」があります。

 賢治「三集の時代」に、花巻に「市場」が有ったかどうか。もう少し具体的に言うと、「野菜市場」が有ったかどうか。野菜や花の市場は無かったようです。

 「詩ノート」は [ 水仙をかつぎ ] でした。「村農ヤコブ」が、「白と黄」色の水仙」を背負い籠に入れて「売って来た」のでした。「ぼくもいまヒヤシンスを売ってきたのです」。

 「文語詩」では「村道」の題名です。

 野菜や花の市場ではなく、それを売買してくれる所は、上町の大きな角店「大正屋」でしょうと思われます。

« 下ノ畑再説 | トップページ | 「バナナン大将」 »

宮澤賢治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175783/12927720

この記事へのトラックバック一覧です: 「下ノ畑」追記:

» 「市場」のあった場所 [宮澤賢治の詩の世界 ( mental sketches hyperlinked )]
 下根子桜時代の賢治は、「下ノ畑」で自ら作った野菜や花卉をを、朝早くからリヤカーに積んで運び(「〔同 [続きを読む]

« 下ノ畑再説 | トップページ | 「バナナン大将」 »