フォト
無料ブログはココログ

賢治参考図書

  • Img_0215
    21年は一市は花巻村です。

« 広瀬正明氏の論考を読んで | トップページ | 陸中八重畑村の名子制度の現状 »

2007-10-21

ドイツトウヒの森

 我が家の近所で板橋区民祭りが、昨日と今日行なわれた。「地球環境と交流のひろば」の「信越高原」会場に、「ドイツトウヒ」の大きなマツカサが、苗木や盆栽を買われた方に「おまけ」として配られていた。005_3002_3  妙高高原から笹ヶ峰牧場に行く途中に、地図<写真>に001記載の「ドイツトウヒの森」があるという。 ここの森からの贈りものということだ。

 賢治語彙辞典によると、賢治の時代の説明だったのであろうか「日本でも東北地方と北海道にいくらか造林されており、[途中略] 岩手大学(旧盛岡高等農林)にもみごとな大木がある。」と。

 『「ドイツトウヒの森」には、「森の学び舎」から徒歩で行かれる以外ない。熊にご用心。ものすごく広いですよ』 と会場で親切な説明を聞いてきた。  ご存知の方もおられるでしょうがわたくしは初めて知った。                                                                                                                                                               

« 広瀬正明氏の論考を読んで | トップページ | 陸中八重畑村の名子制度の現状 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175783/16829294

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツトウヒの森:

« 広瀬正明氏の論考を読んで | トップページ | 陸中八重畑村の名子制度の現状 »