フォト
無料ブログはココログ

賢治参考図書

  • Img_0215
    21年は一市は花巻村です。

« 吉凶悔吝 | トップページ | 休息・お詫び »

2007-12-16

加藤謙次郎「証言」

 水野達朗氏の 「賢治の『勉強』 -外国文学・思想受容の契機」 と題して研究発表が、宮澤賢治研究会の例会で有りました。

 配布が有りました資料に、

 ①(明治四十四年度の二学期(又は三学期)に寄宿舎で同室した藤原文三の証言)として

 とにかく変わっていて汚れ物はかまわず押入れにつっこみ、教科書は見ず、「中央公論」の読者で、エマーソンの哲学書を読んでいたのに驚いた。<前後略>(新校本宮澤賢治全集 第十六巻{下}七二頁)

 ここで小生が、押入れについて一部誤った発言をしました。お詫びをして、次の資料をご提出します。記憶違いもあるやもと、お話しましたが、誤解が生じかねませんので、訂正をします。お話しました内容資料の出所は、以下の「証言」記事からのものでした。ご参照下さいますようお願い致します。

また、『あゝ青春 盛岡第一高等学校 白亜外史として』(毎日新聞社 盛岡支局)とお話しましたが、それでわなく、発行所は読売新聞社 盛岡支局でした。(最後の文章は 「治のすべてなんです」が追加してお読み下さい)Img_0002 Img Img_0001     <画像上、右クリックで「リンクを開く」から、移動でご覧下さい>    

« 吉凶悔吝 | トップページ | 休息・お詫び »

宮澤賢治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175783/17384329

この記事へのトラックバック一覧です: 加藤謙次郎「証言」:

« 吉凶悔吝 | トップページ | 休息・お詫び »