フォト
無料ブログはココログ

賢治参考図書

  • Img_0215
    21年は一市は花巻村です。

« 入沢康夫先生 日本芸術院会員に | トップページ | 駒ケ岳 »

2008-12-17

ワームホール

 

   中国に「一壺天」という古い話がある。

   漢の都でのこと。

   塔の上から都を眺めてい費長房という人が、薬売りの老人に気がついた。

   これで店じまいというときに、店先においてある壺の中にヒョッと薬売りが入ってしまった。

   老人は仙人であった。

   次の日、費長房が仙人に頼んで壺の中に入れてもらうと、その中に広大な世界が広がっていて、美酒と山海の珍味が満ちていたという話がある。

  佐藤勝彦著 「宇宙論入門ー誕生から未来へ」 に書かれていた一文である。

 我がこのブログ 中身が到底「珍味」といえる代物ではないが、また書き始めたいと考えている。

« 入沢康夫先生 日本芸術院会員に | トップページ | 駒ケ岳 »

コメント

費長房の話は、漢書ではなく後漢書にあるというのが定説ですが、実際にはそれより約百年前の列神伝四費長房(葛洪著)のほうが早い。なお、壺中天地の語は中国唐の詩人元稹の七言律詩にあり、平安時代の和漢朗詠集に登場する。念のためご確認願います。

説楽哲也様 コメントありがとうございます。
元稹(779~831)について小生は唐宋抒情詩選からの知識しかありません。
葛洪(283?~343?)についても、平凡社の三冊本は、図書館で眺めた程度です。
年代についての確認でしょうか。
私は困ったときには広辞苑に頼っています。

 ワーム・ホールを記したのは、佐藤勝彦氏の「宇宙論入門」を紹介したかったのです。
最近の宇宙観についてです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175783/43449742

この記事へのトラックバック一覧です: ワームホール:

« 入沢康夫先生 日本芸術院会員に | トップページ | 駒ケ岳 »