フォト
無料ブログはココログ

賢治参考図書

  • Img_0215
    21年は一市は花巻村です。

« 2009年8月 | トップページ | 2010年2月 »

2009年9月

2009-09-13

南城農業補習学校

005_2  

 宮沢賢治が教えた「国民高等学校」の後に、羅須地人協会近くでは「国民高等学校」と同じような動きが有った。昭和十年四月南城農業補習学校が南城小学校内に併設され、七月には青年学校普通科と改称され、ここでは農業実習を主にした教育が行なわた。「農は経験だ 農は経験だ 千万の学理も、体験の上に真に生かすものでなければ、死物にひとしい。」といった感じの教育であった。松田甚次郎は昭和十四・五年の頃からここへ見えていたようである。この「学校」は賢治が教えた「国民高等学校」より少し長く続いたが、その後農家の次三男は六原道場に吸収されていった。(六原道場については別に述べたい)

 太平洋戦争が始まると桜に有った工兵隊の兵舎の一部である船の格納庫(北東板塀作り)に、旋盤やミーリング等の工作機械を設備して、高等小学校を卒業した少年を、第二種「特殊」工業学校(?)で実技教育を終えさせて、宮城県の多賀城海軍工廠等へ徴用兵として送り出された。終戦で帰った者に聞くと十四ミリ機関砲等の製造に携わったとのことであった。

 日本における「農民国民高等学校(フォルケ・ホイスコーレ)の歴史」はふるいが、宮澤賢治は知られているが加藤完治はあまり話題にならなかった。大日本雄弁講談社から出版された「荒野の父 加藤完治」は昭和十六年九月に初版が出、十九年十一月には第四版が三千部出版された。フォルケ・ホイスコーレとの関連で賢治の「羅須地人協会」精神がどこまでかを考えさせられる。何時かは詳しく学びたい一例としてである。

  追記 ある農業精神活動家を紹介いたします  ご賛同ください

      http://www.phoenix-c.or.jp/~m-ecofar/main.htm

2009-09-01

斎藤宗次郎と宮沢賢治の通った校舎

 南城尋常高等小学校の旧校舎は、かっては斎藤宗次郎や宮沢賢治が学んだ校舎である。宗次郎は1889年に新設されたばかりの稗貫高等小校学に通うために小瀬川新太郎方(養母・こんの実家)へ寄寓され、そこから通い始めた(二年後には母の甥方に移る)。また賢治も同じ学校に1903年四月に入学した。

 佐藤隆房著『宮沢賢治』には、「母校花城尋常高等小学校(大正末年撮影 故人の通つた校舎は焼失しその跡に再建したもの)」として、町役場の東南鐘つき堂のある校舎の写真を掲載しているが、宗次郎と賢治が学んだ校舎は南城に払い下げ移築されていたので、この『宮沢賢治』の記載は一部間違いである。賢治の二年生12月に移った新校舎は焼失したが、入学当時の校舎は残っている。{詳細は「賢治の小学校時代」参照}

 南城に移築された校舎の二階の「奉置所」室は職員室として使用された。「第三学級」の教室は学校中で一番騒々しい学級が入れられた。教室と職員室の堺は板壁で少しの騒ぎでも職員室に筒抜けであった。騒々しいと他の先生が飛んで来た。必ず担任の先生から「罰」が下された。この「三学級」の教室に小生のクラスも入れられた。校舎の左奥「小使室」の外側には釣瓶井戸があり、作業の後などにはこの井戸を使用した。思い出の校舎である。

« 2009年8月 | トップページ | 2010年2月 »